Google Search Consoleクロールエラーの解決策

久しぶりに、Google Search Consoleを開いてみたら

なんとエラーが。。。

そのせいで半日ほど無駄にしてしまったので、

備忘録として書いておこうかとφ( ̄∇ ̄o) メモッチャエ

 

 

  Search Consoleのサイトエラー

 

Search Consoleを開いてみると、メッセージがきていて、

どういうエラーだったかというと、URLがエラーになっていて、

アクセスが拒否されました とのこと。

 

 

何で拒否するんだ??

と思いながら、いろいろ調べてみると、

この、エラーになっているURLが

私のWordPressの管理画面になっているんだとか。

そりゃ、アクセスできないですよね!

いくら、天下のGoogle様でも、

ユーザーのログインコードなどが必要になってくるので無理ですね。

 

それで、今回どういう作業が必要かというと、

Googleの検索用ロボットに

「このURLは、見に行かなくていいよ!」

って教えてあげる必要があります。

 

では、なんでわざわざ教えてあげないといけないのか?

というかそもそも検索用ロボットってなんなのか??

 

  検索ロボットとは?検索ロボットに教える必要あるの??

 

ブログやサイトを初めて公開しても、なかなか検索結果で表示されないんです。

そこで登場するのが、検索用ロボット。

この子は、みんなのブログやサイトを巡回する役割があり、

そこでブログのデータを拾って、検索データベースに持ち帰ることで、

晴れて、検索結果に表示されるようになるのです。

 

この検索ロボットのことを クローラー と言って、

クローラーが巡回して情報を拾ってくる作業を クロールする、

拾った情報を検索データベースに持ち帰ることを インデックス と言います!

 

それでは、本題に戻って、

さっき私がURLのエラーについて、

このクローラーに「見ないで(*ノдノ)」って教えてあげる

必要があるのかっていう話。

 

・・・絶対やんないといけないってことはないんです。

 

おいっ!!

 

 

って思った人??ww

 

そもそも、「URLのアクセス拒否されている」わけなので、

インデックスできていないということなんですが、

今回の場合、インデックスされなくてもいい内容なわけなんです。

なのでそのままほっといて、インデックスされない

状態にしてても問題ないし、それは、

SEO上にもとくに悪いことではないようなんです。

 

 

でも、インデックスしてもらいたい内容のURLがエラーの中に

表示されていたらそれはそれで、絶対解決させたほうがいいんですけどね!

 

へぇ~。

 

それなのに!!

私が今回わざわざ直そうと思ったのは、

どっかの記事で、クローラーの動きを快適にするには

不要なものは省いてあげるほうがいいというのを見たから。

それから、Search Consoleにもちらっとそんなかんじのこと

記載されてました。

 

 



URL エラーの概要

 

URL エラーのセクションは、カテゴリに分かれており、各カテゴリに該当する

URL エラーの上位 1,000 件が表示されます。このセクションに表示される

エラーすべてについて対処が必要というわけではありませんが、

このセクションを定期的にチェックして、ユーザーのサイトの利用や

Google のクローラの動作を妨げるおそれのあるエラーがないかどうか

確認することが重要です。

 

引用元:クロールエラー レポート(ウェブサイト) – Search Console ヘルプ


 

 

Googleクローラーの動作を妨げるおそれのあるエラー

一体どれを指すのかも分からないので、

設定してればなんとか大丈夫かなって。

 

それから、私的に、エラーが残っているとなんかモヤモヤするので。

 

そんな理由で、設定しようと思ったら言葉の意味が分からず、

作業がなかなか進まなかったんですよね(・-・`*

 

と、そんなこんなで、ちょっと、長くなってしまいました。。。

続きはまた次回☆

設定方法などご説明しようと思います!!

 

Google Search  Consoleクロールエラーの解決策☆その2

 

よければお願いしまっす!

次回も頑張れます(人ω・*)ありがとう

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ